« スーツアクターっていうんだホントはね。 | トップページ | ふるまん、落涙す! »

2008年1月27日 (日)

主婦がスーツに着替えたら。

前回の続きで、スーツ(着ぐるみ)についてのお話を。

「(遠い目で)・・・そうさのぅ~・・・
私が一度だけスーツを装着したのはかれこれ10年程前。
よく晴れた秋の日のことじゃった・・・。」

保育園の運動会真っ最中のこと。
花を添えるという名目で私を含む役員数名は、
おどけた犬やら猫やらのスーツを
装着せよという任務を与えられたのだ!
テーブルの上に、へろんと置かれた数体のスーツ。
”・・・こんなん、お笑い芸人さんがテレビで着るだけかと思ったのに・・・。”
しばし呆然とするも、これは役員に与えられた特命。

”果たさねば・・・ならぬのね・・・”

意を決して私が室内でこそこそ装着したスーツは
”アンパンマン(もどき)”。
名もない犬とか猫とかでいいのに
よりによってアンパンマンを演るなんて、
光栄というか荷が勝ちすぎるというか・・・
微妙な気持ちで着替え外に出ると・・・?

「おぉ・・・!さっきまでと世界が違う・・・。」

小さな小窓から覗いた外の世界。
まるでこちら側とあちら側がくっきり分けられているような感覚。
被った箱頭の中ではぁはぁと自分の息づかいがやけに耳につく。
駆け回る園児達を狭い視界の中から捕らえようとするその様は・・・
”まるで茂みの隙間から
女子学生のブルマ姿を覗き見している変態のごとき・・・?”
そんな自分を貶めるような考えを振り払い、
任務遂行の為颯爽とグラウンド周辺を回る。
”ふははは!園児達よ!
私はお前達のヒーロ・アンパンマン(もどき)である!
皆私の元に集え!
歓喜の声を上げよ!
そして顔面パンを請い求めるがよい!!”
ヤル気を無理矢理みなぎらせようとしながら
アニメのアンパンマンとはかなりズレたキャラを
自分の内で作り上げていた、
が、そうこうしてるうち・・・

「あれっ!?変!!」

デカ頭がやけにグラグラしだしたのだ!
彼は貧弱な体形の割りに頭だけはやたらとデカい。
その頭を支えている、内側から両脇に出ている
顎の下で結んだヒモが、
きっちり結んでいなかったのかフツーの動きをするだけでも
頭部がゴロッといきそうなのである。
もし、そんな醜態を晒せば
ヒーローに対する子供達の夢が台無しに・・・?

「・・・これはヤバい・・・!」

そこから急速に動作が鈍くなり、頭を両手で押さえる私。
はたから見ればオーバーなアクションもなく、
子供達に愛想を振り撒くことすらなく、
けそけそと挙動不審な動きをする、
ヒーローどころかちょっと変わった
頭のデカいおっさん的な存在になり下がってしまった。
園児も遠巻きにこちらを眺めるのみ・・・
といった非常に残念な結果に終わったのだった。

「・・・これが、わっちのかぶりもん体験のすべてじゃよ・・・。」

・・・まったくもってパッとせんつまらん話なのだが、
そういうわけでのらくら主婦がスーツに着替えても
別段カッコいい振りも、ウケる仕草もできない。
そのスーツに逆に振り回されてる気分になるだけなので、
やはりその道のプロというのは
えれぇなぁ~!すげぇなぁ~!と感心する次第だ。


こちらのDVDにスーツアクターさんのトークショーもありましたな。
↓↓

|

« スーツアクターっていうんだホントはね。 | トップページ | ふるまん、落涙す! »

日常カフェ」カテゴリの記事

コメント

おぉ~
昔のこととは言え「おつかれさま」です。
豊かな文章表現でリアルに情景が思い描けます^^;
もどきとは言え…
だいぶ忠実なアンパンマンだったみたいですね。
頭が大きいのがウケます^^
夢と笑いを与えようと必死の大人と
現実を冷静にむる子供。
世の中の性を見た気がします^^;

投稿: hide | 2008年1月31日 (木) 00時06分

いやぁ~、全くやれやれな体験でしたよ。
とにかく初体験なので要領がつかめず照れもありで
結局最後はグダグダで終了。
あれが今だったら・・・
恥を捨て去り、役に没頭できたかも・・・?
しかし、今度は体がついていきませんな。

投稿: ふるまん | 2008年2月 1日 (金) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーツアクターっていうんだホントはね。 | トップページ | ふるまん、落涙す! »