« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年9月

2007年9月 4日 (火)

シャンプー娘にゃアレがある。

「セグレタシャンプーのボトル横にはきざみがある」
これを発見したときの衝撃といったら・・・!
「これでもう目をつぶっていても迷わない!」
実際、それまでのように洗髪のとき
いちいちボトルを取り上げて目視することがなくなり、
ふれるだけで一発でわかっちゃうので、
たいへん便利になったのである。
すごいぞ!セグレタ!!考えてあるよなぁ~♪
などと、ごきげんな洗髪タイムとなったのだった。

・・・しかし先日・・・

買出しにいった際、
”セグレタのように、ふれて判別できる工夫をしてる
メーカーさんってあるのかなぁ・・・?”と
ふと疑問がよぎりシャンプーコーナーへ。
そしてあるひとつのシャンプーを手に取ってみると・・・

”あれっ!?ある!!”

シャンプー容器の横に
セグレタにあるようなきざみがはいっているぞ!?
・・・あれっ!?これも!!このシャンプーにも!!
あるわあるわどのメーカーにも”シャンプー”の方に
しっかりと”きざみ”がはいっているではありませんか!!

・・・ひょっとして・・・
これってシャンプー業界で取り決めてるお約束・・・?
そして皆が知ってる当たり前の常識なの?
私は40数年生きてきて初めて知ったことなのだが・・・。

そんなこんなしてるうち、ウチの浴室のセグレタ達↓↓
Segureta4
四姉妹になりましたな。
詰め替え用が売っていれば双子の姉妹だけでいいのに・・・。
容器を捨てる前に底に溜まってる液体が
もったいなくて使い切っちゃおう、と考えてるから
なかなか捨てられなくて、
浴室はポンプ娘たちが怠惰にゴロゴロしちゃってるのである。

さて、アナタはご存知でしたでしょうか?シャンプーのきざみを・・・。
知らなかったのは私だけでは・・・ないよな・・・。

というとこで今夜のふるまんカフェでした。

| | コメント (2)

2007年9月 1日 (土)

惑わすセグレタ姉妹。

こんばんは。予告なき長期閉店の危うさを含んだ
放漫経営カフェふるまんへようこそ。
・・・いやはや・・・
ちょこっとだけお休みのつもりが・・・はや9月!
気分を入れ替え、ぼちぼちと開店していきたいと思います。
今夜はシャンプーのお話を。

以前にお試しセットを購入し、
使用体験を記した”大人の為のシャンプー”「セグレタ」。
あれからどうなったかといえば、
お試しセットはとっくに使い果たし
(あ・でもトリートメントは残ってるか)、
今後これを愛用すべく「お徳用ポンプタイプ」を購入し、
ほとんど毎日の使用を続けていた私。
しかし、この”ポンプタイプセグレタ”・・・ちょっと問題アリなのである。
どこがかというと、シャンプーもコンディショナーも
全く同型同色で、区別がつかないのである!
一応ポンプの前側に
「シャンプー」「コンディショナー」の表示はされてあるものの、
文字が小さすぎる!
洗髪の為髪を濡らしたあといちいち目をこすり
ポンプを取り上げ「これはどちらか!?」と確認する。
そしてシャンプーを洗い流したあとまた目をこすり、
ポンプを目の前まで持っていき
「これはホントにコンディショナーか!?」と念のため確認する。
という、けっこう面倒といえば面倒な洗髪生活を
送っていたのである。
セグレタ以前はリンスインのシャンプーを使っていたので
こんな不自由を感じることはなかったが、
どのシャンプー・コンディショナーの容器も
こんなものなのか?と疑問に思い、
店にいったとき調べてみると、
割とどのメーカーの容器も区別はできるようになっている。
本体の色か、キャップ部分の色を変えてあるものが多い。
それなのに何故、セグレタだけは・・・?
と思いながらも不便な使用を続けていたのだが、
つい最近「あれっ!?」と気付いた!
シャンプーの方のボトル横に・・・
触るとわかる数本の溝が入っているのだ!
Kizami 「ひょっとしてこれで区別するのか!?」
再度まじまじとシャンプーのポンプを見てみると、
後ろ側の使用方法とか成分とかがちっこく表示されてある一番下に
”ポンプ頭部とボトル横のきざみがシャンプーの印です”
と記されてある。
Ponpuusiro
あ・確かに頭部にも溝が・・・!!はーなるほど!!
触れてわかる仕組みになっているのね。
・・・しかし、これに気付いたのは購入してから
だいぶ日にちがたったつい最近・・・。
やっぱわかりにくいと思うのだが、
これにすぐ気付いた人ってどのくらいいるのだろう。
セグレタは30~40代の大人の女性をターゲットにしているが、
この年代の女性って家電製品の取説も
めんどくさがって読まない年頃じゃないのかな
(私だけではないよな)。
そんな大人の女性達が、
もう使用方法などわかりきったシャンプーボトルの後ろ側を、
しかもあんなちっこい字ならなおさら読まないぞ。
このふとした偶然がなければ
私はいまも双子のセグレタ姉妹に惑わされ続けていたことだろう。

あ、あと困るのは「詰め替え用」がまだ発売されていないことだ。
40代主婦はエコロジーにも一応気を使っているので、
一刻も早い発売を望む。
この間とうとうコンディショナーの方が切れかかり、
しぶしぶボトルを購入。
風呂場には”セグレタ三姉妹”が
我が物顔で場所を陣取っている。
Segureta3 シャンプーも切れかかってきたので、
そろそろ”四姉妹”に増殖しそうなのである・・・。

さて、アナタのおうちのシャンプー・コンディショナーは
区別が付きやすいでしょうか?
使い勝手のよさも購入の決め手になりますよね。
文句ばっかでしたが”セグレタ”は中身の使用感には
満足しておりますよ。

・・・というとこで、今夜のふるまんカフェでした。

(※追記:この記事作成した翌日日曜の買い物の際、
シャンプー・コンディショナーの判別に関し、新たな事実を発見!
それは次の記事にて)

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »