« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年6月

2007年6月15日 (金)

憎悪呼ぶ野球中継。

こんばんは。真夜中のふるまんカフェにようこそ。
今日のお話、野球に興味のないアナタでしたら
もしかして同じような経験をお持ちではないでしょうか。
野球ファンのアナタでしたらちょっとごめんなさい、なお話。


ウチの娘は現在、某グループアーティストに夢中だ。
多分、この間大枚はたいて
デジタルオーディオプレイヤーを買ったのも、
そのグループの歌を四六時中聴きたいがためだと推察する。
そのグループの載っている雑誌を買い、
CDを買い、
私のような、若者時代をとうに過ぎた者にでも、
その曲の一聴を勧め、
そのグループの素晴らしさ、
個々のメンバーの活躍ぶりなどをとうとうと語る。
つまらない平凡な日常も
彼らと同じ「現在」を生きているから耐えられる・・・
まさに今の彼女の「生き甲斐」となっているのでは
・・・と思う程の入れ込みぶりである。
まぁ、何でも熱中できるものがあるというのは良いことだ。

そんな今週月曜日のこと・・・。
8時の歌番組に彼らが出演するというので、
先週から彼女の心は躍っていた。
この日も番組始まる前から例の如く、
グループについてのあれやこれやを
私や息子に聞かせてくれていたわけだが、
7時にチャンネルを某バラエティ番組に合わせたところ

・・・あら?野球やってんじゃん。
そんじゃ、他の番組を・・・。
と、チャンネルを替えたのだが・・・。


・・・。


・・・。


・・・あれっ?
あのチャンネルで今の時間、
野球中継が始まったということは・・・?


・・・そう、もうおわかりのように
その歌番組は野球のためブッつぶれていたのだ。

「うそッ!?」

コトを察し、みるみるうちに曇る娘の顔!
血相を変え、普段見る習慣のない新聞を捜し、
テーブル下におかれたそれをつかみ、
テレビとテレビ欄を交互に見つめる。

「ありえんし・・・。」

呆然とする娘。
念のため8時にもう一度チャンネルを替えてみるが、
ドームでやってる野球中継が中止になるはずもなし。
「この時間を支えに、今日をがんばってやってきたのに・・・。」
哀れなくらいの落胆と、
野球に対する怒りを顔に滲ませた彼女。
いや、気持ちはわかるけどもさ。
私も子供の頃、何度野球中継によって
楽しみにしていた番組をつぶされたことか。
その度地団駄踏むような気持ちを味わったものだよ。
と、慰めにもならん言葉をかけるが娘、
「これ以上今日を生きる気力はない。」とばかり
とった行動とは↓↓
Futene
フテ寝ですか!?

結局その夜彼女は部屋から出て来ることはなかったのである。
・・・後日、娘が調べたところ野球中継はこの地方のみ。
他の地方ではちゃんと歌番組が放送されていたというから
更に悔しさ倍増になっていた。
しかし、・・・これから野球シーズン終わるまで、
こういうことは度々あるであろうに、
そのたんびやることもやらず
フテ寝を決め込むことになってはたまらないのだが・・・。
頼むから、勉強はしろよ・・・。
そして普段新聞を読む習慣をつけろ。
番組欄を見てりゃ、野球中継で番組が中止になることも
あらかじめわかるであろうからショックも少ないぞ。

・・・こうしてプロ野球の中継は
多くの野球ファンの娯楽にもなるだろうが、
一方でこのように
女子学生の憎悪の対象となっていたりするのである。

・・・彼女の怒りはいまださめやらず、
私は今週ことあるごとに、
娘の「マジ滅べ、野球!」という怨念のこもったセリフを
聞くことになるのであった。
あぁコワい、コワい。


ということで今夜のふるまんカフェでした。
野球ファンのアナタもそうでないアナタも、
どうぞよい夢を。ご訪問ありがとう。

| | コメント (2)

2007年6月10日 (日)

弁当の見どころ。

こんばんは。夜のふるまんカフェににようこそ。
今夜のネタは、毎日お子さんのために弁当をつくってらっしゃる
お母様方に捧げます。


平日の朝の私の弁当作りは続いている。
以前に記したが、私の学生時代に作ってもらっていた弁当は
毎回「デカのり弁当」。
パカッと蓋を開けると「またか・・・。」と思い
人目にさらすのもなんとなく恥かしいものがあった。
(いや、作ってもらえるだけでありがたいのだが・・・)
だったので、自分の娘にはバリエーション豊富な
「見た目もキレイな日替わり弁当」を持たせてやりたい
と奮闘している。
「豚のしょうが焼き弁当」ありの、
「とりそぼろ弁当」ありの、
そしていつもご飯モノでは飽きるかと、
週イチは「パン弁当」とし
手作りハンバーガーとか作っているのだ!
おかずも冷凍食品の力もお借りしたりしているが、
前日の夕飯も弁当用に取り分けたり、
前夜に「アレを作って入れてやろう」
と思いつき下ごしらえとかもしてるし、
けどおいしいものとか彩りのいいものばっかりではなく、
「切り干し大根」やら「ひじきの煮物」なんかも
作って入れているのである!
この・・・このズボラ主婦の私が!!
涙が出そうなくらいのがんばりぶりなのである!!
その甲斐あり、(たまに手抜きもあるが)
「うわ~うまそ~!!私だったら絶対こんな弁当喜ぶわ!」
と自画自賛でき
「これで今朝も娘に、
人目にさらしても恥かしくない弁当を作れてやれたわ!」
と密かに自分の仕事ぶりに満足していたのである。

・・・さてそんな弁当作りを続けていたのだが、先日のこと
娘が学校から帰って弁当箱を出しながら
「お母さん、今日弁当の時間にさぁ」と、口を開いた。
私内心「お!?弁当の内容が褒められたのだろうか?」
と、ウキッ♪としたのだ。
だってその日は「いなり弁当」。
私の学生時代には一回たりとも拝むことがなかった、
あのジュッ!と甘いお揚げの中に
甘酸っぱいスシ飯を詰めた、
皆大好きおいなりさんを入れたお弁当だったのである!
さぁ!言ってくれ!
女子学生達が何と言ってその弁当を褒め称えたのか!!
ほれほれッ!!
・・・と、次の言葉を待っていたら、娘曰く

「弁当箱の蓋のフチがなんか黒いって指摘された。」


・・・うえぇッ!?そこッ??
女子高生の弁当の見どころ、そこッスか!?
弁当の中身はスルーなのッ!?



言われて見てみると・・・確かに・・・
よく・よーーーく見ると、裏蓋のミゾの・・・
なんていうの?ゴムパッキンの部分?に、
黒い点々汚れが・・・。
↓↓こんなカンジで。
Benntoufuta


















でも、ホント顔を近づけてみないとわからないくらいで、
・・・いや、しかし確かにあるけれども・・・。
よく見つけるよな、こんなん・・・。
女子高生、恐るべし・・・。

自慢の弁当の中身に関して何も言われないばかりか、
なんか姿の見えぬ小姑から
「ほほほ・・・ふるまんさん、ここもちゃんと掃除なさい」
などと遠隔指示されたような気がして、
ちょっとばかし屈辱を感じながら流しで
一生懸命弁当箱の蓋を洗ったのであるが

・・・このミゾ・・・スポンジで洗おうとしても
・・・なかなか・・・くそこの・・・

・・・えェーーーい!!
こんな狭いミゾに
スポンジが入るかーーーい!!


・・・逆ギレおこしそうになったのである。

なんとか気を落ち着け、
細い棒を取り出しコシコシ・コシコシとミゾをこすると
・・・なんとかキレイに
黒い汚れを落とすことができたのであった。

・・・いやしかし、考えると今回のことはいい教訓になった。
見かけをチャラチャラ飾るよりも基本をしっかりと磨け、
ということなのね。
・・・まぁ、あの程度の汚れのうちに指摘されて良かった。
食中毒注意!の季節にもなることだしね・・・。
ありがとうよ、女子高生!
君の弁当タイムにも幸多かれと祈るよ。


さぁ!お母様方。
アナタのお子さんの弁当蓋の裏側もチェックしてみましょう!
ヨソのお子さんって案外見てるものなのですよ!

・・・てなわけで、
今日はふるまん夜カフェでした。ご訪問ありがとう。

| | コメント (2)

2007年6月 4日 (月)

娘にもやってきたアレ。

おはようございます。ふるまんの朝カフェにようこそ。
今朝は「偏頭痛」持ちのアナタにはちょっと朗報なお話を。


以前に私は偏頭痛持ちであると記したのだが、
どうも・・・娘もソレっぽいのである。
つい先日も「頭が痛い」と帰るなり
着替える余力も残っていないのか
そのまま居間に倒れこんでしまった娘。
聞けば、体育の授業が終わった後、
目の前がチカチカして目が開けてられなくなって
その後頭痛に襲われ
授業にも出られなくなってしまったのだとのこと。

「こ・・・これは私の頭痛の症状と同じ・・・。」

偏頭痛の激痛は私もよ~く知っている。
そして、私も小学校の頃やはり体育の授業後、
初めての偏頭痛を体験したのだった。
そして、高校時代もゲロってしまうほどの偏頭痛を数回・・・。
そして、現在に至っても突然に起こるあのチカチカから始まり
次第に頭全体に広がってくるどうにもならない激痛に
恐怖を感じているのである。
娘の場合翌日にまで持ち越すこともあり、
学校も休む事態になるので更に深刻である。
私の場合頭痛が起こり始める前に、市販の頭痛薬を飲んで
なんとかサイアクの事態は免れているが、
やはり子供はちゃんと病院に行って
薬を処方してもらったほうがよかろう。

と、いうわけでお医者さんに行って来たのだが、
あらまあなんと!医学って発達しているのね!
私が「偏頭痛は痛みが始まる前に薬を飲まないと効かない」
という情報を耳に入れたのは数年前。
現在では痛くなりはじめてからでも痛い最中に飲んでも
効く薬がちゃんとあるそうである。
水なしでも飲める薬で、
授業中に痛くなりはじめても、ちゃっと飲むことができる。
”い~な~!私もほしいぞ!”なんて思いながら
お医者さんの説明を聞いていたのだが、
一錠の値段がお高く、効く効かないの個人差もあるので、
とりあえずお試しに2錠だけ出していただいた。
ウチの娘にもちゃんと効くやつだといいけど。
これといった予防法もないし、
いつ突然やってくるかわからない偏頭痛。
けど、こういう薬を携帯しておくだけで
かなりの安心感があるものだ。


偏頭痛でお悩みのアナタも一度お医者さんで
お薬を処方していただくとよいかもですよ。
今朝はちょっとマジメなふるまん朝カフェでした。
ご訪問ありがとう。

| | コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »