« 己と戦う洗髪タイム! | トップページ | 弁当にこめる思い。 »

2007年5月 1日 (火)

洗髪って意外と奥が深い。

おはようございます。
すがすがしい朝に似つかわしくない話題を提供する
ふるまん朝カフェにようこそ。
昨日はあれから一日腹が休火山状態で、
噴火するほどではないが、
刺激するとヤバいような状態だったので、
あまりモノを食べないようにしておりました。
この「深夜の入浴中突然起こった謎の腹痛」。
その正体はいまだにわかりませんが、
考えられることとして
1、胃腸風邪っぽい。
2、夕食に食べた揚げ物にやられた。
3、新シャンプー(セグレタ)を試すことによる緊張。
4、いままで愛用していた某リンスインシャンプーの呪い。
・・・などが挙げられるでしょうか。
案外4番が一番怪しいと感じてしまう私。恐い恐い。

さて、今朝は昨日に引き続き、
そんなシャンプーがらみのお話で、
今度こそご訪問者のアナタを
さわやかな世界へお連れしたいと思います。


さて、日曜日に購入した「セグレタセット」。
実は無知な私ははじめ使用方法がわからなかったのだ・・・。
何に迷っていたのかといえば、
これはシャンプー・コンディショナー・トリートメントが
3本入っているのだが、
「あれ!?リンスがないじゃん!」とか
コンディショナーとトリートメントってどう違うの?
どっちを先に使えばいいの?」とか
「意外とシャンプー前にこのどっちかを使って
汚れを落ちやすくするのかも・・・?」等。
いままでホントにお手軽な
リンスインシャンプーを使っていたので、
コンディショナーとトリートメントには縁がなかったのだ。
で、ネットで調べてみたところ・・・

トリートメントは髪の内部に浸透して、
内側から状態を整えるもの。
コンディショナーとはリンスと同じようなものであり、
髪の表面をコーティングし、すべりをよくするもの。
使用順序としては
「シャンプー → トリートメント → コンディショナー」
の順でよいようだ。
そして、トリートメントを髪になじませた後は
湯で絞ったタオルで髪を包みしばらく時間を置くようだが、
その時間は2~3分でよいとするものから
10分程度とするところもあった。その後洗い流す。
コンディショナーは髪になじませた後、
すぐにすすいでよいとする。
(トリートメントはシャンプーの度でなくてもよい。)

・・・ということがわかった。
う~ん、なるほど!たかが洗髪、されど洗髪。
なかなか奥深いものがあのだなぁ~・・・!
40代のハリとコシが失われつつある
この髪の潤いと艶をとりもどしたいと願うなら尚更、
洗髪にも手間を惜しんではいけないのかもしれない・・・。
などと感じつつ、
日曜夜、初挑戦した「セグレタ洗髪」だったのだが、
前日記した思わぬハプニングがあったので、
再度昨夜じっくり挑戦してみたのだった。
40数年生きてきて、自分の洗髪に
これほど時間をさいたのは昨夜が初めてであった。
さて、その効果だが、まず、
”洗い上がりがつるつるシコシコしている。”
タオルで髪を拭いているときにそう感じた。
いつもとは確かに違う感覚があった。
そして一夜明けたいま、指どおりがなめらかである。
パサつき感がなく、イイ感じ♪というところ。
しかし、1度や2度使用しただけで
「これは素晴らしい!!」ということもできぬので、
更にしばらく使用して、
その効果をまた記してみようと思う。


さぁ!今朝は訪問して下さった方々に
朝シャンをしてさしあげたような、
爽やかな記事になったぞ!
これで昨夜、洗髪をされていなかった方も大丈夫!(?)
ゆうべ、お風呂に入りそびれたアナタも、
そうでないアナタも今日一日元気でお過ごしください。
ふるまんの朝カフェでした。ご訪問ありがとう。

|

« 己と戦う洗髪タイム! | トップページ | 弁当にこめる思い。 »

朝の30分ブログカフェ」カテゴリの記事

コメント

いやぁ~知りませんでしたよ。
シャンプーを1番最初に使うことは知っていたが…
コンディショナーの前にトリートメントを
使うことは知りませんでしたよ。
また一つ成長しちゃいました^^v

私も30歳を過ぎて白髪も増え、
パサツキ感を多く感じてました。
私も「セグレタ」を試してみようかな☆

投稿: hide | 2007年5月 3日 (木) 00時35分

私も調べてみるまで、
全然知りませんでしたよ~。
コンディショナー(リンス)で髪の表面を
コートしちゃってからトリートメントしても
髪の内部に成分が浸透しにくくなり
効果が半減しちゃうから・・・らしいです。
なるほどね~・・・!

投稿: ふるまん | 2007年5月 3日 (木) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 己と戦う洗髪タイム! | トップページ | 弁当にこめる思い。 »