« 母ふるまんの咆哮。 | トップページ | カゼのアナタは、どのタイプ?(1) »

2006年11月28日 (火)

誘惑の夜。

・・・あぁ・・・また今夜も、
アナタに誘われて過ちを犯してしまう私・・・。
アナタの広い胸板に身体を預け、
深い闇の快楽に堕ちていくのね・・・。
アナタにかかったら知らず知らずのうちに、
無防備な自分をさらしてしまうの。
主婦なのに、こんなこと・・・
許される訳がないのに・・・。
罪作りなアナタ・・・その名は・・・

「電気カーペット」のカペ男である。
コタツ・エアコン・ファンヒーター・・・
暖房器具のシーズンであるが、
この「電気カーペット」もウチの居間の必需品である。
板の間は足元が冷えるので、
熱が上にいってしまうファンヒータ類では
いまいち温かみに欠けてしまう。
しかし、このカペ男を入れる事で足元さえ温まれば、
日によってはヒーターなしでも
余裕で過ごすことができるのである。
しかし、夕食後のひととき。
一日の疲れを癒し、のんびりテレビでも観ている最中、
その足元の温かい誘惑に負け、
一度カペ男に身を横たえてしまうともう最後。
じ~んわりと背中が温かくなってきて・・・
もう起き上がることができない。
とろとろと目蓋が重くなってくる。
あぁ・・・もうダメ。
「30分・・・30分したら起こして・・・。」と、
居間に居る者に声をかけようとするが、
・・・カペ男にやられるのは私だけではない。
あちらではダンナがだらしなく股をひろげ、
またこちらでは息子が読みかけの本に
不自然に頭をはさまれ、
甘美なうたたねの世界に
すでにひきずりこまれているのである。
”ふ・・・皆同じなのね・・・”と、
私も安心して爆睡。
いっぺん寝入ると30分で済むハズがなく、
まだやらねばならぬことがあるというのに、
うたたねの域をとうに超えた時間を
ムダ寝で費やしてしまうのである。

・・・そして・・・

ようやく目覚めると、ダンナはとうに起きており、
子供らもすでに勉強も風呂も済ませ、
本格的に自室で寝る準備をしているところである。
娘が寝惚け顔の私の前を通りざまに
「お母さん、なんか奇妙なイビキかいてたよ。」と、
言い残し自室に入っていった。
・・・うぅッ・・・恥!
皆の集まる明るい場所で寝るということは、
このように恥かしい無防備状態を
さらしてしまうということなのね・・・。
そして、更なるムダ寝の報いが・・・!
乾いたノドでも潤そうと、
ようよう身体を起こし台所にはいるとそこには・・・
6人分の夕食後の食器が流しに山と積まれている
という衝撃的な光景が・・・!!
真夜中にしくしく泣きながら洗い物をする
主婦ふるまんである。
こんなことにならぬよう、明日こそは
絶対カペ男の誘惑には負けぬぞと心に誓うのだが・・・
また次の日になると
「ほんの少しだけ休憩しよ・・・。30分、30分だけ・・・。」

このように暖房器具はとても生活を快適にしてくれるが一方、
とても人間を自堕落にさせるので注意である。

ところで今日、ネットのニュースで見たのだが、
”環境省が12月1日から来年3月末まで、
温暖化対策強化のため、原則的に暖房を使わない”
方針だそうである。
(休日明けの午前7時から10時までと、
室温17度未満の日は例外)
本当か!?環境省!
もしそうならすごいぞ!環境省!!
ウチももう少し省エネせねばな~・・・。
カペ男はイイ奴なのだが、
電気をものすご喰らう奴なのである・・・。

|

« 母ふるまんの咆哮。 | トップページ | カゼのアナタは、どのタイプ?(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カペ男に甘えた後の洗い物…
想像を絶する光景が浮かんできます^^;
それでもやらざるを得ない主婦の辛さを、
またやさしく包み込むカペ男くん。
そしてまた現実に…
人間ってそんなもんですよね。

投稿: hide | 2006年12月 2日 (土) 00時31分

カペ男の誘惑に負けると、ホントに最後です。
目覚ましかけてもききゃしません。でも幸せなひととき・・・。
カーペット惰眠は、これからもほどほどに
続けるのだろうな思います。
でも先に洗い物を済ませてからでないとですね。

投稿: ふるまん | 2006年12月 3日 (日) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母ふるまんの咆哮。 | トップページ | カゼのアナタは、どのタイプ?(1) »