« 暗くするのは待って。 | トップページ | 雨の日と新学期は・・・。 »

2006年8月31日 (木)

彼と彼女と私の夏休み。

夏休みも終盤にさしかかると、お約束のように、
テレビのニュースキャスターは
「夏休みもあと残りわずか。」などという
子供達の臓腑をえぐる様なセリフを笑顔で吐きますな。
私も子供の頃はこのセリフに泣かされたものの一人である。
しかし、中には”あきらかにもうすぐ終わってしまうのだ。”と
子供らもいやいやながら納得している時期であるのに
「でも、夏休み!まだまだこれからですよ!?」などと、
なぐさめでもうれしいことを言ってくれるキャスターさんもいて、
ちょっぴし気分をもりかえしたりしたものである。
さて、そんな心優しいキャスターさんでさえ、
もう言葉を飾ることはできない夏休み最終日!
の、うちの子供らの状況はといえば・・・

今年も例年どおり、
「サザエさんちのカツオ君」状態である。
カツオは毎度毎度、
夏休み最終日にはねじりハチマキをして、
波平オヤジに怒られながらも宿題を
夜遅くまで手伝ってもらっているが、
ウチの子供等もまさにそんなカンジ。
カツオと違うところは、波平のように
親が手伝ってはやらないことだろう。
しかし最後の最後まで残ったのが、
「ポスター」(息子)とか「読書感想文」(娘)。
こんな手間のかかるものを、
よく最後まで残していたよなと、
驚きあきれる私。
自慢ではないが、私の学生時代は夏休みの宿題など、
最終日まで残していた覚えはない!
特に図画工作、感想文の類は日にちが迫ると
気が気ではなくなるというビビリな性格なので、
ヘタクソながら8月20日前後には
終わらせていたような気がする。
しかし、そんな親に似ずウチの子供等ときたら、
娘は確か感想文を盆前からだらだらととっかかって、
最終的に書き上げたのが最終日1日前である!
どんな超大作書き上げとんじゃ!と、
あまりのスローペースにムカムカしたが、
対称的なのは息子。
最終日1日前の時間の合間に
ちょろちょろっとポスターの下書きを描き、
最終日の今日の夜に1時間程で
色塗りをして完成。
”なんという、やっつけ仕事なのか・・・!”
完成はしたものの、やはり
「これはやっつけ過ぎだろ・・・。」というような出来栄えで、
こちらは怒れるより逆に
心配になったりするのだが・・・。
しかし、毎年こんな調子でギリギリになって慌てているのに
懲りないのは何故なのか!?
なぜ今年は「課題を早く済ませよう!」という
気持ちが湧かないのか!?
不思議なのだが、きっと
「ギリギリで苦労してしまった。」という
辛いマイナスイメージより、
「いつもギリギリでも切り抜けられてきた。」という
プラスイメージが働いているのかもしれない。
そのポジティブ思考、良いのか悪いのか・・・。
やれやれだが、
今回も親のイライラなぞどこ吹く風とばかりに
マイペースであったウチの子供等の夏休みも
そんなこんなで終わりを告げたのであった。

さて、今回のタイトルはこちらから。
↓↓

|

« 暗くするのは待って。 | トップページ | 雨の日と新学期は・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暗くするのは待って。 | トップページ | 雨の日と新学期は・・・。 »