« 家庭訪問その後。 | トップページ | 「舐めるな!キケン!」な境界線。 »

2006年5月17日 (水)

男気な彼女に害虫駆除手当てを・・・。

「ムカデが出すぎる!」
5月に入っていったい何匹のムカデを目撃し、
自らの手で葬りさったことであろう。
通常、梅雨時期に目撃する数をすでに5月半ばにして、
越してしまっているのである。
こんな調子では、本格的な梅雨時期に入ったら、
どんなことになってしまうのか・・・
背筋も凍る思いをしているふるまんである。
しかも、ムカデが出没するのは、自宅だけとは限らない。

今日は職場でのムカデ体験を語らせていただきます。

仕事中ふとなにげに
そばにあったダンボール箱に目を落としたとき
「ぐぉ!?」
口から出かかる奇声を飲込み、凝視する!
赤黒いてらてらが、くねくねと・・・!
で・出た!ヤツが!!でかいぞ!どうする!?
家にいればすぐさま湯をもってきてブッかけるところなのだが、
職場にはそれがない・・・!殺虫剤も・・・ない!
エェ!山に囲まれた職場であるというのに、
害虫対策がなにもなされていないとは!
プレス機の安全対策の次に
やっておかねばならんことだろうに!!(そうか?)
こうなれば、私のすべきことは・・・
そばにおられるパートの先輩主婦の方に
駆け寄り助けを求めることだけである。
「あの~すみません。ムカデ出ました~。」うぅ・・・非力・・・。
しかし、「世の中何も恐いものなし!」という雰囲気すら
感じられるその先輩も、ムカデだけは苦手だったようである。
彼女も恐怖ですくみ大声で正社員の方を呼ぶ。
ムカデは箱から床へと、うねうね移動する。
その気味の悪さに後退りする我等。
正社員の方はあちらから床を這うムカデに向かって
すたすたと近寄ると・・・躊躇なく足でグリグリッ!!
・・・瞬殺・・・!
そして、さっさと箒と塵取りで片付け捨てにいく・・・。
その手際のよさの一部始終を、
震える子羊だかなんだかのように身を寄せながら
見つめていた先輩と私・・・。
すごい・・・!その後姿に正社員の方の
男っぷりを見た思いである。女性だけど・・・。
う~ん・・・彼女も、自分よりずっと年上の
パートの主婦の方々を指導する立場にある正社員。
長年、百戦錬磨のツワモノ主婦達を相手にしてきたのだから、
もう「ムカデなぞ彼女達に比べれば恐るるに足らず!」
・・なのかもしれない。
すごいぞ!有難う、正社員A女史!
そしてまたしばらくこの件ではお世話になりますので、
その黄金の右足で何卒よろしく。

・・・さて、今回のタイトル。
昔の萩原健一と水谷豊が出演していたドラマ
「傷だらけの天使」
の雰囲気を醸しだしてみましたがおわかりになるでしょうか?
実家にいたころは再放送のたんびに観ていたものです。
録画までして・・・VHSではなくベータで・・・(泣)。
もう一度観たいなぁと思う今日この頃です。

|

« 家庭訪問その後。 | トップページ | 「舐めるな!キケン!」な境界線。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

正社員A女史!
格好いい空気が流れていますvv
私には到底出来ません…
きっとこのA女史は家のゴキブリも同じように
「瞬殺」するのでしょうね。
それも私には出来ない…
それにしても異常発生じゃないですかぁ、
おちおち寝てもいられませんね^^;

私はどちらかと言うと「あぶない刑事」などの時代かな!?
「あぶない刑事」風に言うと
『奇襲』とか『黙殺』くらいになるのでしょうかね^^

投稿: hide | 2006年5月21日 (日) 02時44分

そうなんですよね~・・・多いんですよ、ホントに。
本によると、ムカデって脱皮を繰り返して大きくなり、
5年くらいの寿命があるって話です。
けっこう長生きするんですね。
これから暑くなってくると、ますますわけのわからない虫共が
増えてきます。
ナナフシ目の前で見たときもビックリしましたが・・・
ヤな季節になってきます。

投稿: ふるまん | 2006年5月22日 (月) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家庭訪問その後。 | トップページ | 「舐めるな!キケン!」な境界線。 »