« 決戦はゴールデンウィーク! | トップページ | 日本人も日本語が苦手。 »

2006年4月30日 (日)

「ペン回し」の思い出。

中学生の息子が、「ペン回し」とはどうやるものか?
と問うてきた。
「ペン回し」!懐かしい響きである。
アナタも学生時代に、一度は挑戦した覚えが
あるのではないだろうか?
今日はペン回しにまつわるあれやこれやを、
つぶやいてみたい。

「ペン回し」とはどうやるか?と聞かれても、
実にさまざまなバリエーションがあるようだ。
しかし、どれも口で「こうやるのだ」と説明して
うまくなるようなものではない。
実践練習あるのみなのだ。
そうして、回し極めた学生というのは実に、
なにげに・器用に・華麗に、クリックリッと
ペンを自在に操ることができるのである。

私の学生時代の話だが、
ひとつななめ前に座っていた男子学生を
何気にみやると「えっ!?」と思う程器用に
ペンを弄んでいた。
「て・テーブルマジシャンか!?貴様・・・!」と内心驚き、
そのうちハトでも出してくれるんかと期待したが、
そういうことはなく、
しかしそれでも男子学生の骨ばってる長い指が、
実に自然に、ペンを生き物のように扱っているのに
彼自身は、それにはなんのかかわりもない風情で
授業に集中しているさまに、
なんとなくハートをときめかせて
しまったりしたのだった。
といっても、別に何の進展もなかったが・・・。
それからも度々ペン回しをしている学生を
何人か見かけることがあったが、その頃、
「ペン回しができる学生というのは
ガッコの勉強ができる人が多い」
・・・ような気がしていたが、どうだろう?
ペン回しの練習は、
数学の問題を考えながら
あるいは英語のスペルを思い出しながら、
行ったりするので、必然的に
勉強時間の多さとペン回しの練習時間の多さが
比例するからかもしれない、
と勝手に考えたりしている。
ちなみに私も一時期、極めようとしたことがあるが、
勉強時間がそこそこだったせいか、
ペン回しもそこそこ、成績もそこそこであった。
しかし、私の持論が正しければひょっとして、
偏差値の高いガッコにはペン回しができる学生が
ゴマンといて、授業中先生は見事なプチ大道芸を
そこかしこで目にすることができ、
心の中で「ブラボー!」と叫んでいるかもしれない(?)。

時は流れて、
私の息子もペン回しをモノにしようと思っているらしいが、
できないうちはみっともないので
授業中の練習はくれぐれもやらぬようにと言っているのである。

|

« 決戦はゴールデンウィーク! | トップページ | 日本人も日本語が苦手。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ペン回し上手さ=偏差値の高さ
これはなるほど!と思いました。
勉強している時間=机に向かっている時間
机に向かっている時間=ペン回しの練習をしている時間
ですよね!
テレビ見ながら・まんがを読みながら・ゲームをしながら
ペン回しはしません!練習もしません!
勉強して考えている時に「ペン回し」をします。
やはり
ペン回しの上手さ=偏差値の高さですね!
ちなみに私はレベルの低い親指一回転しか出来ません…
頭もそのレベルです^^;
しかし久しぶりに回してみたら出来ました!^^v

投稿: hide | 2006年5月 8日 (月) 23時49分

おっ!hideさんも「親指一回転」なのですね。
私もそうでしたが、中途半端でぎこちないもんです。
そういえば、この間息子が「ペン回し」してる画像を流している
サイトさんを見つけました。
・・・すごかったです。「曲芸」の域であるなぁと思いました。
やっぱガッコの勉強できる人なのかなぁ、聞いてみたいものです。

投稿: ふるまん | 2006年5月 9日 (火) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 決戦はゴールデンウィーク! | トップページ | 日本人も日本語が苦手。 »