« ふるまん清掃活動に励む。 | トップページ | 春休みの終わり。 »

2006年3月26日 (日)

地獄の便所掃除。

「さて、やるかいッ!!」
清々しい晴天の午前中。
習慣となった一階の清掃等すませた後、
信念を曲げ男子便器の清掃に向かったふるまんである。
「むぅ・・・男子便器よ、こんにちは。」
仁王立ちになり、彼の姿をしげしげと眺める。
すらりとした水色のボディ。受け口が足元にあるタイプである。
流し水は便器の上に蛇口があり、
手動で水量を調節するのである。
ぱっと見は・・・それほど汚れているわけではなく、
ほっと胸をなでおろす。
「そうだよな・・・小の方するだけだもん。
ちゃんと流してるんだから、それほど汚れないよな・・・。
しかし、何故におうのだろう・・・?」
いぶかしく思いながらトイレ用洗剤を振りかけようと
便器に頭をつっこむ形になったその時!見たものとは・・・!?

アナタもご存知のように、
便器の形状というのは周囲がミゾになっている。
多分水滴の跳ね返り防止の意味があるのだと思うが、
その・・・そのミゾの中がもはや水色でなくなっているのである。
多分、これを読みながら食事されている方もないと思うので、
遠慮なく記させていただくが
・・・尿垢が・・・両ミゾの上から下までびしっとこびりついており、
茶系に変色しているという・・・だけならまだしも・・・
受け口になっている足元のミゾに至っては・・・
茶色を通り越し、黒く石化しているような状態であった!
「な・・・なんてホラーな・・・!」
便器に頭をつっこんだ状態で固まる私。
そ・そうか!
口腔内でいえば歯と歯の隙間の磨き残しが歯垢となり、
更に歯石となり口臭の原因となるように、
それと同じ現象がこの便器にも起こっていたのだね!
・・・などと、どうでもいいわい!・・・とにかく・・・
くッ!やらねばなるまいッ!!
意を決してトイレ用洗剤をぢゅうぢゅうと便器にふりまくと
タワシでがしがしと狂ったように磨きだす。
「がんばれ!自分!がんばれ!もう二度と人に
ウチのトイレがくさいなどと言われないように!」
裏口の戸を全開にし、
ガシガシカコカコ・ガシガシカコカコ・・・
タワシで磨く音と、柄が便器に当たる音が
午前中の青空に響き渡ったのであった。

|

« ふるまん清掃活動に励む。 | トップページ | 春休みの終わり。 »

大人も春休み」カテゴリの記事

コメント

やっぱりですね^^
ご苦労様でしたm( _ _ )m

投稿: hide | 2006年3月26日 (日) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふるまん清掃活動に励む。 | トップページ | 春休みの終わり。 »