« 誰だ!誰だ!誰だ! | トップページ | 誰だ!誰だ!誰だ!(3) »

2006年2月15日 (水)

誰だ!誰だ!誰だ!(2)

「♪あれは誰だ・誰だ・誰だ♪」
・・・さんざん巨大化して戦ってんのに、
いまさらあの青緑色の男を指さして聞いてくる
ぼんくらな奴がいたとしたら、
「♪あれはデビル・デビルマ~ン♪」などと、
親切に答えてやらずに、
ラリアットかまして逃げろ!危ないぞ!
・・・永井豪先生原作のアニメ「デビルマン」。
ちょっと前、実写で映画化したようである。

映画公開前、テレビで宣伝用番組をちらっと見た事がある。
なんかぐろぐろした感じの映画のようだったが
おもしろかったのかなぁ・・・
気になったのでまた検索して調べてきます。

調べてきました。
う~ん・・・そうかぁ、映画の方は・・・・・・なのかぁ。
まあそれではそちらは置いといて、
大昔のあの懐かしのアニメにまつわる
思い出を語らせていただきます。
デビルマンはガッチャマンとはまた対称的で、
えらく思いっきりのいいコスチュームでしたな。
なんせ黒パン一丁である。
これなら多少絵心のある人なら誰でも、
私でも描けそうである。
あんまし簡単すぎて手を加え過ぎないよう注意。
前開きタイプになってしまう。
・・・などとくだらないことはさておき、
子供の頃けっこう頻繁に再放送したので憶えているのだが、
絵柄がローティションで変わっていたよーな。
主人公の不動明クンの顔が
「濃い顔の明クン」
「普通の明クン」
「ピノキオ調明クン」
と3パターンあったように記憶している。
あれほど回ごとに絵柄の変わるアニメは
現在はないように思うが、昔は当たり前だったのかなぁ・・・。
人間界の女の子「ミキちゃん」に惚れこみ、
デーモン族を裏切って、
ちゃっかりミキちゃん家に同居を決め込みながら
妖獣と戦う主人公の話!?
「悪魔の力身に付けたヒーロー」というのが、
一風変わっていたよなぁと思う。
「デ・ビイィィーーーール!!」という雄たけびとともに、
愛用の黄色いシャツとジーパンをビリッビリ!
に引き裂きながら変身する明クン。
妖獣を倒した後どうやって家に帰るのかなぁ。
路上にビリビリに引き裂かれた明クンの衣服が
散乱しているのを度々見かけるミキちゃんのママは
「まぁ・・・また明クンの服が・・・あの子いったいどんな遊びを・・・」
といぶかしく思ったにちがいない。
家に戻ると黒パン一丁でテレビを見ている明クン。
そんな明クンのためにミキママは今日も律儀に
デパートに黄色のシャツとジーパンを買いに走るのであった・・・。
というお話ではないので本気にしないでね。
デビルマンの筋肉質な肉体が
とてもカッコイイアニメである。

|

« 誰だ!誰だ!誰だ! | トップページ | 誰だ!誰だ!誰だ!(3) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰だ!誰だ!誰だ!(2):

« 誰だ!誰だ!誰だ! | トップページ | 誰だ!誰だ!誰だ!(3) »